生年月日データベース

曽ヶ端準そがはたひとし

男子サッカー選手[日本]

1979年 8月2日 生 (満39歳)

曽ヶ端 準(そがはた ひとし、1979年8月2日 - )は、茨城県鹿嶋市出身のプロサッカー選手。
ポジションはゴールキーパー。
鹿島アントラーズ所属。
元日本代表。
鹿島アントラーズ 1998年に鹿島アントラーズにトップチーム昇格の形で入団(同期入団は小笠原満男、中田浩二、本山雅志、山口武士、中村祥朗)。
2001年、当時の正GK高桑大二朗に替わり、レギュラーに定着。
以後、正GKとして活躍している。
2012年3月31日のJ1第4節・横浜FM戦でクラブ公式戦通算最多出場(475試合)、8月18日のリーグ・浦和戦でリーグ戦クラブ最多出場(360試合)、同月25日のリーグ・新潟戦でクラブ公式戦通算500試合をそれぞれ達成した。
2013年7月31日のJ1第18節・名古屋戦で、国内3大大会通算500試合を達成した。
2014年4月12日のJ1第7節・新潟戦で、リーグ戦217試合連続出場を達成。
元FC東京などに在籍していた土肥洋一が保持していた出場記録を更新した。
2015年3月8日、1stステージ第1節でベンチ入りしたものの出場機会がなかった(佐藤昭大が先発フル出場)ため、2007年10月20日のジュビロ磐田戦から続いていた連続フルタイム出場試合数のJリーグ記録が「244」で止まった。

映像作品

関連書籍

サッカー選手。鹿島アントラーズ所属のゴールキーパー。 背番号は21。 生年月日:1979年08月02日 身長・体重:186cm・78kg 血液型:B型 出身地:茨城県鹿嶋市 出身校:鹿島高 (引用元 Hatena Keyword)