生年月日データベース

兵藤慎剛ひょうどうしんごう

男子サッカー選手[日本]

1985年 7月29日 生 (満33歳)

兵藤 慎剛(ひょうどう しんごう、1985年7月29日 - )は、長崎県出身で横浜F・マリノス所属のサッカー選手。
ポジションはミッドフィールダー。
私立海星中学に入学し、中学1年ながらレギュラーに定着。
小学校時代から特筆すべきサッカーの技術を発揮していた。
13才ながらリフティングは体力がなくなるまでできたという。
長崎県の名門国見高校では2年時にレギュラーに定着し、全日本ユース選手権制覇、3年時にはインターハイ、高校選手権を制覇し、高校サッカー部の三大タイトルを全て獲得した。
高校時代の同期に平山相太、中村北斗らがいる。
また、3年時の8月には平山らとともに、一年代上のU-20日本代表候補トレーニングキャンプに招集された経歴も持つ。
卒業後は早稲田大学(スポーツ科学部)に進学し、当時東京都リーグ だったア式蹴球部に入部した。
U-20日本代表として、2005年のワールドユース選手権に出場。
日本代表の背番号10を背負い、キャプテンも任されるなど大熊清監督に重用されたが、周囲のプロ選手とのプレイスピードが合わず、孤立する場面が多かった。

映像作品

関連書籍

長崎出身のサッカー選手(ミッドフィルダー)。 1985年7月29日生まれ。 身長171cm、体重65kg。血液型B型。 国見3年の時にはキャプテンとしてインターハイ・国体・選手権の3冠に貢献。 U-19日本代表にも選出された。 (引用元 Hatena Keyword)