生年月日データベース

森野将彦もりのまさひこ

プロ野球選手[日本]

1978年 7月28日 生 (満40歳)

森野将彦 - ウィキペディアより引用

森野 将彦(もりの まさひこ、1978年7月28日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。
プロ入り前 小学校時代は川島イーグルスに所属、また横浜大洋ホエールズ友の会にも加入していた。
西谷中学校時代は中本牧リトルシニアに所属。
東海大相模高校では1年生時よりレギュラーとして活躍し、1995年の春の選抜大会に出場。
3年生時には主砲として、全国高等学校野球選手権神奈川大会準々決勝で横浜高校と対戦したが、松井光介に3四球の敬遠と勝負を避けられ、唯一相手が勝負にきた打席では本塁打を打ったもののチームは惜敗した。
高校通算38本塁打。
1996年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。
プロ入り後 ルーキーイヤーの1997年8月29日、ナゴヤドームでの対ヤクルト戦で8番・遊撃手で初先発し、プロ入り初本塁打を放った(高卒新人本塁打は中日では立浪和義以来)。

映像作品

関連書籍

プロ野球選手。ポジションは内野手。*1 通称「ミスタースリーラン」 1978年7月28日生まれ、神奈川県横浜市出身。右投左打。 2002年に84試合に出場し、それ以来一軍定着。 課題の守備面も落合監督の過酷なノックで向上。2006年にはシーズン途中から立浪和義を押しのけ三塁手のレギュラーを獲得した。 2008年は相次いでケガに見舞われたが、回復後は北京五輪の野球日本代表に選ばれる。 シーズン終盤には4番にも座り、自身初の打率3割をマーク。 2010年から立浪和義に代わり背番号3を球団から打診されるも当人の意向で固辞。 (引用元 Hatena Keyword)