生年月日データベース

竹部さゆりたけべさゆり

将棋棋士[日本]

1978年 6月4日 生 (満40歳)

竹部 さゆり(たけべ さゆり、旧姓木村(きむら)、1978年6月4日 - )は、日本の将棋の女流棋士。
神奈川県横浜市出身。
伊藤果七段門下。
女流棋士番号37のち19。
8歳の時に学童保育で将棋を覚え、アマ四段の父親の指導で実力を伸ばした。
1993年、中学生名人戦でベスト8に入り奨励会に入会した。
同じ頃に、女流の碓井涼子、矢内理絵子も奨励会に在籍しており、「奨励会3人娘」と呼ばれていたこともあった。
奨励会入門試験では渡辺明と試験官として対戦し渡辺が勝利し渡辺は奨励会入りを決めた。
この当時、竹部は坊主頭にしており渡辺はすごく怖かったと言っている。
この対局は互いに極端な早指しとなり2分で終わったが、幹事の小林宏に呼び出され他の全対局が終わるまで正座をしていろと言われた。
1995年に奨励会を4級で退会し、女流育成会に入会した。
女流二段まではとんとん拍子で進んだが、そこから足踏みが続き、千葉(碓井)、矢内の2人に遅れを取っている。
唯一のタイトル挑戦は1996年の倉敷藤花だが、清水市代に2-0で敗れた。

連想語句
  • 女流
  • 奨励会
  • 将棋
  • 棋士
  • 昇段
  • サイト
  • 伊藤果
  • 倉敷
  • 入会
  • 名人
  • 履歴
  • 挑戦
  • 日本
  • 横浜市
  • 清水市代
  • 矢内理絵子
  • 神奈川県
  • 育成会
  • 藤花
  • 連盟
  • 関連
  • 鹿島
  • さゆり
  • タイトル
  • トーナメント
  • プロデビュー
  • ベスト
  • 中学生
  • 出身
  • 勝負
  • 千葉涼子
  • 在籍
  • 変更
  • 大山
  • 小学校
  • 所属
  • 敗退
  • 新進
  • 木村
  • 決勝
  • 活動
  • 番号
  • 碓井涼子
  • 結婚
  • 退会
  • 進出
  • 道場
  • 門下