生年月日データベース

高木守道たかぎもりみち

プロ野球選手、監督[日本]

1941年 7月17日 生 (満77歳)

高木守道 - ウィキペディアより引用

髙木 守道(たかぎ もりみち、1941年7月17日 - )は、プロ野球選手・プロ野球監督、野球解説者。
愛知県名古屋市生まれ、岐阜県岐阜市出身。
現役時代は中日ドラゴンズで活躍し、引退後はコーチ・監督を歴任した。
2代目「ミスタードラゴンズ(初代は西沢道夫、3代目は立浪和義である)。
2007年1月より2012年11月25日まで中日ドラゴンズOB会会長。
2012年から2013年まで再び中日の監督を務めた。
プロ入りまで 10歳のとき、中日スタジアムの火災(1951年8月19日)に巻き込まれたが、危うく事無きを得た。
1957年、県立岐阜商業高校に進学。
肩を痛め遊撃手から二塁手に転向。
1年生の時に長嶋茂雄(当時立教大学4年生)にコーチを受けた。
長嶋は髙木の才能を見抜き、監督に髙木をレギュラーとして使うように薦め、その結果、髙木はすぐにレギュラーを取りチームの中核となったという。
なお、遊撃手だった髙木を二塁手に転向させるよう監督に提案した人も長嶋だという。
3年春には第31回選抜高等学校野球大会に出場、決勝まで進んだが、中京商業(現・中京大中京高校)に敗れ準優勝に終わる。

関連書籍

DMMメディア

プロ野球、中日ドラゴンズの選手・監督。 通称「ミスタードラゴンズ」、「むっつり右門」、「いぶし銀」、「ジョイナス」*1。 右投右打、ポジションは二塁手。背番号は41→1番。 1941年7月17日生まれ。岐阜県岐阜市出身。 1957年、県立岐阜商業高校2年の時に、立教大学に在籍していた長嶋茂雄に指導を受け、二塁手を志す。 1960年、大学進学を目指していたが、家計を助けるために中日ドラゴンズに入団。 同年、井上登の怪我により一軍に昇格。5月7日、初打席本塁打でデビュー。 以降、二塁手に定着、20年間君臨する。 1962年、南海ホークスより移籍してきたカールトン半田によりバックトスを教わり、伝家の宝刀とする。 また、逆のパターンであるグラブトスを編み出した。 1963年、西沢道夫監督と出会い、その地位を不動のものとする。 中利夫との1、2番コンビは有名であり、快進撃に貢献。 1974年、与那嶺要監督の下、星野仙一、谷沢健一、木俣達彦らと共にリーグ優勝に貢献。 1977年、通算2000本安打を達成、名球会創立メンバーの一人として名を連ねる。 1980年、余力を残すものの、王貞治引退と同時に現役引退。 ドラゴンズの至宝であり、実働21年をはじめ、数々の野手における球団記録を樹立。 なお、その功績により背番号1番は永久欠番となるが、辞退したと言われている*2。 1981年、コーチとなり1982年の優勝に貢献。背番号は1のままであった。 1986年、山内一弘監督の後を受け、代理として監督に就任。 退団後、CBC中部日本放送の野球解説者を務める。1998年のセ・リーグ優勝時の解説は印象深い。 1992年、2度目の …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 監督
  • 時代
  • プロ野球
  • 中日ドラゴンズ
  • 引退
  • 現役
  • ドラゴンズ
  • ヒマラヤ
  • プロ
  • ミスター
  • 名古屋市
  • 岐阜市
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 立浪和義
  • 西沢
  • 解説者
  • 退任
  • 道夫
  • 選手
  • 野球
  • たかぎ
  • もりみち
  • コーチ
  • 中日
  • 会長
  • 初代
  • 守道
  • 歴任
  • 活躍
  • 高木