生年月日データベース

森喜朗もりよしろう

政治家内閣総理大臣[日本]

1937年 7月14日 生 (満81歳)

森喜朗 - ウィキペディアより引用

森 喜朗(もり よしろう、1937年(昭和12年)7月14日 ‐ )は、日本の政治家。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。
衆議院議員、文部大臣(第105代)、通商産業大臣(第56代)、建設大臣(第62代)、内閣総理大臣(第85・86代)、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総務会長、自由民主党総裁(第19代)などを歴任した。
政界入りまで 石川県能美郡根上町(現在の能美市)に、根上町長を務めた森茂喜の長男として生まれる。
小中時代はいじめの常連で何度も職員室に引っ張られたと講演で回顧している。
中学時代の教師は森が交番に連れて行かれると、警官の前で森を怒鳴り、殴りつけた。
父親の立場を慮って貰い受けに来た手前、必要だったものらしく、自転車の後ろに森を乗せて帰る途中「頭が痛かったら先生の背中にこすりつけろや」と言ってくれたと言う。
こうしたやりとりから師弟の情愛が生まれ、その教師は後年森が立候補する頃には教組の幹部になっていたが「お前のお陰で教組を辞めなきゃいかんようになった。

関連書籍

DMMメディア

もりよしろう [生]1937.7.14.石川政治家。父は根上町町長に9期連続無競争当選した森茂喜。早稲田大学商学部を卒業後,産経新聞社を経て1969年衆議院選挙に32歳で当選する。以来当選10回。77年福田改造内閣の官房副長官,83年第2次中曽根内閣の文相として初入閣を果す。88年のリクルート事件でリクルートコスモス社からの未公開株譲渡が発覚,一時役職から退いたが,92年宮沢内閣の通産相,95年同改造内閣の建設相をつとめ,自民党内では93年に党幹事長,第2次橋本内閣の総務会長,98年発足した小渕内閣では再び党幹事長をつとめる。2000年4月に小渕首相が倒れた際,後継として総理大臣に就任し,同年6月の衆議院選挙を経て,公明党,保守党と組み,第2次森連立内閣を発足させた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 自由民主党
  • 会長
  • 内閣
  • オリンピック
  • パラリンピック
  • ラグビー
  • 入会
  • 大会
  • 委員会
  • 幹事
  • 建設
  • 挫折
  • 改造
  • 政務
  • 政界
  • 文部
  • 日本
  • 早稲田大学
  • 東京
  • 森内閣
  • 産業
  • 競技
  • 組織
  • 総務
  • 総理
  • 総裁
  • 衆議院
  • 調査
  • 議員
  • 雄弁会
  • 中曽根
  • 宮澤
  • 工業
  • 新聞
  • 時代
  • 村山
  • 歴任
  • 経済
  • 通商