生年月日データベース

石岡瑛子いしおかえいこ

アートディレクター[日本]

1939年 7月12日

2012年 1月21日 死去膵臓がん享年74歳

石岡 瑛子(いしおか えいこ、1938年7月12日 - 2012年1月21日)は、東京都出身のアートディレクター、デザイナー。
妹は同じくアートディレクター、イラストレイターの石岡怜子。
東京芸術大学美術学部卒業後、資生堂入社。
グラフィックデザイナー、アートディレクターとして活動した後に独立し、パルコや角川書店などの広告で1970年代の日本で活躍。
1980年代からは活動拠点をニューヨークに移し、メディアに限定されない分野で国際的に活動した。
映画や演劇においては、セットデザインと衣装デザインの両方を手がけるが、衣装担当のみの作品も少なくない。
主な受賞歴に、アカデミー衣裳デザイン賞、マイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』のジャケットのデザインでグラミー賞、ニューヨーク映画批評家協会賞、カンヌ国際映画祭芸術貢献賞など多数。
2002年には、紫綬褒章を受章。
ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラらとは交流が深い。
2008年の北京オリンピックの開会式では衣装デザインを担当した。
2012年1月21日、膵臓がんのために死去。

関連書籍

1938年生まれ。東京都出身。東京芸術大学美術学部卒。マルチディシプリナリー・デザイナー、グラフィックデザイナー、アートディレクター、映画・劇場のセット・コスチュームデザイナー、テレビCM・ミュージックビデオのディレクターとして国際的に高く評価される。 中でも、横須賀功光が撮影した前田美波里の資生堂ポスターはそのほとんどが盗まれ、話題となった。 最近では、オペラ「ニーベルングの指輪」(リヒャルト・ワグナー作、オランダ国立オペラ劇場) コスチュームデザイン、2000年の映画「ザ・セル」コスチュームデザイン、2002年ビョークのミュージックビデオ「Cocoon」のディレクター、2002年冬季五輪の競技用ウェアのデザイン、2002年春のシルク・ドゥ・ソレイユ「ヴァレカイ」のコスチュームデザイン、2006年の映画「ザ・フォール/落下の王国」コスチュームデザイン、2008年の北京オリンピックの開会式の衣装デザイン、2011年のブロードウェイ「スパイダーマン」などを手がける。MoMA(Museum of Modern Art)に作品収蔵 2012年1月21日、膵臓癌により死去。(享年73) 「デザイナーとしていちばん大切なことはDISCIPLINE(訓練・鍛錬)である。」 (引用元 Hatena Keyword)