生年月日データベース

京唄子きょううたこ

漫才師女優[日本]

1927年 7月12日

2017年 4月6日 死去享年91歳
京唄子 - 漫才師、女優

京 唄子(きょう うたこ、本名:鵜島ウタ子、1927年7月12日 - )は、日本の女優・漫才師。
所属事務所はさち子プロ。
京都府京都市出身。
来歴・人物 1945年、宮城千賀子の劇団「なでしこ劇団」に入り、京町唄子の名で舞台女優となる。
後、不二洋子、瀬川信子などの一座を転々とする。
俳優の浪花五郎と結婚するが5年で離婚。
その後、1956年に鳳啓助とコンビ「唄子・啓助」を結成して漫才を始める。
後、鳳と結婚するが1965年に離婚。
3度目の結婚は三田マサル(啓助の実の弟・志織満助の元相方)。
現在の夫は4人目の結婚相手である。
1970年には唄啓劇団を旗揚げ、1980年代前半には一時、吉本興業と提携していたが、1987年、当時の所属事務所倒産に伴い解散。
同年、京唄子劇団を設立。
1997年、国際芸術文化賞を受賞した。
現在では、TBSのテレビドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で、岡倉家の五女・長子の姑本間(神林)常子役として知られる。
刑務所への慰問活動も積極的に行っている。
トレードマークは大きな口で、漫才のネタとしてよくいじられていた。

映像作品

関連書籍

音楽作品

漫才師、女優。 1927年(昭和2年)7月12日、生まれ。2017年(平成29年)4月6日、死去。 京都出身。 1956年(昭和31年)、鳳啓助と漫才コンビ「唄子・啓助」として活動を始める。 1965年(昭和40年)、夫の鳳啓助と離婚後も漫才を続けていた。 1994年(平成6年)の鳳啓助の死後は舞台やタレント活動を中心に活躍。 テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などにも出演した。 (引用元 Hatena Keyword)