生年月日データベース

濱中治

プロ野球選手[日本]

1978年 7月9日 生 (満40歳)

濱中治 - ウィキペディアより引用

濱中 治(はまなか おさむ、1978年7月9日 - )は、和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。
2015年から阪神タイガースの打撃コーチを務めている。
プロ入り前 田辺市立芳養小・同明洋中から進んだ南部高では投手として、また打順は主に1番で活躍したが、甲子園に出場することはなかった。
投手で1番打者だったことについては「4番に座ると、練習試合でも、相手投手がみんな敬遠してくるので、1番を打たされていた」とインタビューで答えている。
高校通算51本塁打を放っているが、51本目は全国高等学校野球選手権和歌山大会準々決勝の星林高戦で、吉見祐治から打った、レフト場外に消える民家直撃弾であった。
1996年のドラフト会議で阪神タイガースに3位指名を受け入団。
入団会見では「甲子園で場外ホームランを打ちたい」と発言し、和製大砲到来と期待された。
阪神選手時代 入団1年目からウエスタン・リーグで4番を打ち、球団では掛布雅之以来となる高卒新人でのスタメン出場を果たすなど頭角を現すが、最初の数年間は一軍と二軍を往復する日々が続いた。

映像作品

音楽作品

プロ野球選手(外野手)。背番号は66→25→31→5→7。 1978年7月9日生まれ、和歌山県出身。179cm84kg。右投右打。 明洋中学校→南部高校→阪神タイガース(1996年ドラフト3位)→オリックス・バファローズ(トレード)→東京ヤクルトスワローズ(テスト入団) 類希な長打力で早くから将来の4番打者候補として期待され、「虎のプリンス」の異名を持つ。 2001年から登録名を「濱中おさむ」に変え、1軍に定着。2003年は開幕から4番に座り、快進撃を続けるチームの中心打者として順調に打点を積み重ねていたが、シーズン途中に右肩を傷め離脱。手術を経て復帰を果たすも2004年開幕早々に右肩痛を再発。苦しいリハビリの末、2005年交流戦直前にチームに合流。巻き返しが期待される。 2006年、登録名を本名に戻す。 2008年、吉野誠とともに、阿部健太、平野恵一との交換トレードでオリックスへ移籍。 2011年、ヤクルトにテスト入団。 (引用元 Hatena Keyword)