生年月日データベース

桐島洋子きりしまようこ

評論家[日本]

1937年 7月6日 生 (満81歳)

桐島 洋子(きりしま ようこ、1937年7月6日 - )は、日本のエッセイスト、ノンフィクション作家。
長女は歌手・女優の桐島かれん、次女はエッセイストの桐島ノエル、長男は写真家の桐島ローランド。
一時期、経済学者の青木昌彦と事実婚関係にあった。
人物・来歴 東京生まれ。
父は三菱財閥に勤務していたが、元来は画家志望で、やはり三菱の重役だった祖父の命令で跡継ぎになった。
教養ある文化人だった父から様々なことを教わった。
桐島のHPで父母の日記等から、桐島家の歴史についての連載をした。
祖父の死後、父は上海に渡って新聞社を経営することになり、家族も同行した。
1945年、敗戦の半年前に一家で日本に戻る。
戦中戦後と両親は定職に就けず、家財を売り続け生活をし、神奈川県葉山で育つ。
清泉女学院中学、都立駒場高校卒業。
高校卒業後、文藝春秋新社(後の、文藝春秋社)に入社。
1957年、20歳で雑誌『文藝春秋』の記者となる。
1962年、ダイビングで知り合った26歳年上のアメリカ人の退役海軍中佐(世界最深潜水記録を記録したこともある、ダイバーの草分けだった)と熱愛関係となる。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

きりしま-ようこ 1937-昭和後期-平成時代の評論家,エッセイスト。昭和12年7月6日生まれ。文芸春秋社勤務をへてフリーのルポライターとなる。昭和46年「淋しいアメリカ人」で大宅壮一ノンフィクション賞。未婚の母になるなど,自由な生き方が話題をよび,女の自立,子育て論などに活躍する。東京出身。駒場高卒。本名は勝見洋子。著作に「聡明な女は料理がうまい」「マザー・グースと三匹の子豚たち」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 桐島
  • 三菱
  • 東京
  • ノンフィクション
  • ローランド
  • 上海
  • 作家
  • 桐島かれん
  • 祖父
  • 経済
  • 著作
  • 財閥
  • 青木昌彦
  • エッセイスト
  • ノエル
  • 一家
  • 一時期
  • 不在
  • 事実婚
  • 保険
  • 元来
  • 写真家
  • 勤務
  • 医師
  • 半年
  • 卒業
  • 同様
  • 同行
  • 命令
  • 外交
  • 大学
  • 女優
  • 学者
  • 学部
  • 定職
  • 家事
  • 家族
  • 帝国
  • 志望
  • 戦後
  • 捻出
  • 敗戦
  • 教養
  • 文化人
  • 新聞社
  • 日本
  • 日記
  • 東京大学
  • 林檎
  • 様々
  • 次女
  • 歌手
  • 歴史
  • 死後
  • 洗濯機
  • 父母
  • 生活
  • 画家
  • 経営
  • 結婚
  • 苦労
  • 財界人
  • 跡継ぎ
  • 連載
  • 重役
  • 長女
  • 長男
  • 関係