生年月日データベース

トム・ストッパードTom Stoppard

作家[チェコ→イギリス]

1937年 7月3日 生 (満81歳)

トム・ストッパード - ウィキペディアより引用

サー・トム・ストッパード(Sir Tom Stoppard, 1937年7月3日 - )はチェコ出身のイギリスの劇作家、映画脚本家。
代表作は戯曲『リアル・シング』、『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』、映画『恋に落ちたシェイクスピア』。
1937年、チェコスロバキアのズリーンのユダヤ系の家系に生まれ、トマーシュ・ストラウスレル(Tomáš Straussler)と名付けられる。
医者だった父親は、ユダヤ人迫害の懸念が強まりつつあるチェコを離れ、1939年他のユダヤ系医師らとともに家族を連れてシンガポールへ転居した。
1942年、一家は日本軍に攻撃されるシンガポールを離れ、今度はインドへ転居した。
この脱出行のなかで父は死去した。
トマーシュはインドのダージリンでイギリス式の教育を受け、母はインドで英国陸軍少尉ケネス・ストッパードと再婚し、トマーシュも義父の姓を名乗ることになり、トム・ストッパードと名乗るようになった。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

連想語句
  • 戯曲
  • 作品
  • ギルデン
  • シェイクスピア
  • シング
  • スターン
  • ズリーン
  • チェコスロバキア
  • ナチス
  • ユダヤ
  • ユダヤ人
  • リアル
  • ローゼンクランツ
  • 日本語
  • 脚本家
  • ストラウス
  • チェコ
  • トマーシュ
  • レル
  • 代表作
  • 医師
  • 医者
  • 家族
  • 家系
  • 懸念
  • 映画
  • 父親
  • 迫害