生年月日データベース

スタール夫人Anne Louise Germaine de Staël

批評家、作家[フランス]

1766年 4月22日

1817年 7月14日 死去享年52歳
スタール夫人 - ウィキペディアより引用

関連書籍

DMMメディア

  • 評伝スタール夫人と近代ヨーロッパ フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母
  • スタール夫人 新装版
  • スタール夫人
  • ドイツ論 2
  • ドイツ論 1

スタールふじんStaël,Madamede [生]1766.4.22.パリ[没]1817.7.14.パリフランスの女流文学者。本名AnneLouiseGermaineNecker,baronnedeStaël-Holstein。ルイ16世の財務長官ネッケルの一人娘で,早くからその才気によってサロンで注目を浴びた。革命とその後のナポレオンの迫害によって国外に逃れ,スイス,ドイツなどで亡命生活を続け,ナポレオン失脚後に帰国(1815)。その間ヨーロッパの一流の知識人と交わり,高い声価を得た。彼女は,文学の第一条件は自由であるとし,特に評論『ドイツ論』Del'Allemagne(10)においてはロマン主義的なゲルマン文化を紹介して,フランス・ロマン主義の発展に大きく寄与した。ほかに,評論『社会制度との関係において考察した文学について』Delalittératureconsidéréedanssesrapportsaveclesinstitutionssociales(1800),小説『デルフィーヌ』Delphine(02),『コリンヌ』Corinne(07)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • フランス
  • 生涯
  • フランス語
  • ナポレオン
  • スタール
  • フェミニズム
  • ボナパルト
  • ロマン派
  • 作品
  • 多く
  • 夫人
  • 小説家
  • 批評家
  • 政治
  • 評論
  • 語録
  • 革命
  • アンヌ
  • ジェルメーヌ
  • ネッケール
  • ホルシュタイン
  • ルイーズ
  • 作家
  • 先駆者
  • 初期
  • 名前
  • 君臨
  • 対立
  • 彼女
  • 思想
  • 文芸
  • 時代
  • 正式
  • 男爵
  • 終生
  • 運命