生年月日データベース

団鬼六だんおにろく

作家脚本家[日本]

1931年 4月16日

2011年 5月6日 死去食道がん享年81歳
団鬼六 - ウィキペディアより引用

団 鬼六(だん おにろく、1931年4月16日(戸籍上は9月1日) - 2011年5月6日)は、日本の小説家・脚本家・演出家・エッセイスト・映画プロデューサー・出版人。
SMものなどの官能小説の第一人者として著名である。
代表作に『花と蛇』。
多くの作品が映画化された。
作家活動の他、鬼プロダクションを設立して、ピンク映画やSM雑誌を手掛けた。
将棋雑誌の出版も行った。
本名は黒岩幸彦(くろいわ ゆきひこ)。
初期のペンネームに黒岩松次郎、花巻京太郎。
なお、本人の弁によると“鬼六”の読みは、“おにろく”でも“きろく”でもどちらでも構わないとのこと。
学生時代 滋賀県彦根市に生まれる。
彦根生まれだが、1944年に父が大阪の軍需工場に勤め始めたため、中学から大阪育ち。
関西学院中学部・関西学院高等部を経て、関西学院大学法学部卒業。
高島忠夫、キダ・タロー、藤岡琢也と同期であった。
まれに関西大学卒業という紹介が見受けられるが、この二つは全く違う大学であり誤りである。

映像作品

関連書籍

官能小説作家。SM小説の巨匠。代表作は「花と蛇」。将棋に関する著作も多い。 (引用元 Hatena Keyword)