生年月日データベース

上村淳之うえむらあつし

日本画家[日本]

1933年 4月12日 生 (満86歳)

上村 淳之(うえむら あつし、1933年(昭和8年)4月12日 - )は、日本画家、日本芸術院会員。
本名・淳(あつし)。
元京都市立美術大学教授・副学長 京都市立美術大学名誉教授。
奈良市在住。
上村松篁の子として京都に生まれる。
特別科学学級での同級に、伊丹十三がいた。
父同様、花鳥画を描く。
上村松園は祖母で、親子三代続いての芸術院会員。
松園、松篁、淳之三代の作品を展示する松伯美術館の館長も務める。
2013年、文化功労者。
1933年(昭和8年) - 京都市に生まれる 1956年(昭和31年) - 新制作協会展初入選 1959年(昭和34年) - 京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)専攻科を修了 1980年(昭和55年) - 創画会賞受賞 1981年(昭和56年) - 創画会会員となる 1984年(昭和59年) - 京都市立芸術大学教授となる 1992年(平成4年) - 京都府文化功労賞受賞 1994年(平成6年) - 松伯美術館館長 1995年(平成7年) - 日本芸術院賞受賞 1997年(平成9年) - 京都市立芸術大学美術学部長となる 1999年(平成11年) - 京都市立芸術大学副学長となる(2004年まで) 1999年(平成11年) - 京都市立芸術大学名誉教授 2002年(平成14年) - 日本芸術院会員 2005年(平成17年) - 京都市学校歴史博物館館長となる 2005年(平成17年) - 全日本学士会アカデミア賞受賞。

映像作品

関連書籍