生年月日データベース

鈴木尚典すずきたかのり

プロ野球選手[日本]

1972年 4月10日 生 (満47歳)

鈴木 尚典(すずき たかのり、1972年4月10日 - )は、静岡県浜松市出身の元プロ野球選手(外野手)。
現役時代は横浜で2年連続して首位打者に輝くなど、アベレージヒッターとして活躍した。
来歴・人物 プロ入り前 浜松市立南陽中(浜松シニア)から横浜高校へ入学。
『ドカベン』に憧れ捕手をしていたが、肩を故障したため外野手に転向。
守備に難があったが打撃が良かったので、監督の渡辺元は鈴木を使い続けた。
入学直後から4番を打ち、二年生時の1989年夏には、第71回全国高等学校野球選手権大会に出場。
高校通算39本塁打を記録した長打力が注目された。
1990年のドラフト会議で横浜大洋ホエールズに第4位で指名され入団。
現役時代 1991年は二軍で7安打、1992年も二軍で9安打でともに本塁打もゼロと伸び悩んでいたが、竹之内雅史の指導により1993年から徐々に打撃が開花。
同年シーズンは一年を通じて二軍の4番打者を打ち、打率.280、9本塁打、47打点という結果を残した。

関連書籍

プロ野球選手(外野手)。 1972年4月10日生まれ、静岡県出身、186cm88kg、右投左打。 1998年にマシンガン打線の中軸として活躍し、38年ぶりのセ・リーグ優勝に大きく貢献した。 (引用元 Hatena Keyword)