生年月日データベース

武上四郎たけがみしろう

プロ野球選手、監督[日本]

1941年 4月8日

2002年 8月23日 死去享年62歳

武上 四郎(たけがみ しろう、1941年4月8日 - 2002年8月23日)は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手(内野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
来歴・人物 現役時代 高校は進学校の宮崎大宮高校。
1957年に夏の甲子園に出場しているが、武上の出番はなかった。
卒業後は中央大学へ進学。
東都大学リーグでは1963年秋季リーグで優勝、この時のエースは三浦宏(北海道拓殖銀行)であった。
その後、2年下の高橋善正投手を擁し、1964年秋季リーグで2回目の優勝を飾る。
リーグ通算86試合出場、330打数82安打、打率.248、0本塁打、21打点。
ベストナイン3回(三塁手2回、二塁手1回)。
大学同期に末次利光外野手がいる。
河合楽器に進み、都市対抗野球大会に連続出場するなど活躍。
1966年のプロ野球ドラフト会議(1次)でサンケイアトムズから8位指名を受けプロ球界入り。
持ち前の闘志あふれるプレーで、「ケンカ四郎」と呼ばれた。
打者としてはチャンスに強く、守っては二遊間(遊撃手は東条文博)や一・二塁間(一塁手はデーヴ・ロバーツ)の難ゴロをダイビングキャッチでさばく一方、正面のゴロをしばしばトンネルした。

関連書籍

プロ野球、サンケイアトムズ〜ヤクルトスワローズの選手・監督。 通称「ケンカ四郎」。 右投右打、ポジションは二塁手。背番号は2番。 宮崎大宮高から中央大学、河合楽器を経て、1966年、第1次ドラフト8位でサンケイアトムズに入団。 1年目に.299の高打率を残し新人王を獲得。 二塁手として現役9年間で977試合に出場し、71本塁打、301打点、打率2割6分6厘。 1975年に現役引退。 1980年、ヤクルトスワローズの監督に就任。1984年、シーズン途中で休養。 1995年、読売ジャイアンツの打撃コーチに就任。松井秀喜、元木大介、高橋由伸を育てた。 2000年、体調不良で退団。野球解説者として活躍していた。 2002年8月23日、肝不全のため逝去。 (引用元 Hatena Keyword)