生年月日データベース

北川博敏きたがわひろとし

プロ野球選手[日本]

1972年 5月27日 生 (満47歳)

北川博敏 - ウィキペディアより引用

北川 博敏(きたがわ ひろとし、1972年5月27日 - )は、兵庫県伊丹市出身の元プロ野球選手(内野手、捕手)。
現役時代は、阪神タイガース・大阪近鉄バファローズ・オリックスバファローズでプレー。
大阪近鉄時代の2001年に、代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打を放ったことで知られる。
2012年に現役を引退してからは、オリックスで二軍打撃コーチや事業本部企画事業部プロジェクトマネジャー(PM)を務めた。
2016年から、同球団の一軍打撃コーチとして現場に復帰。
プロ入り前 兵庫県伊丹市出身。
中学1年のときに埼玉県志木市へ転居。
埼玉県立大宮東高等学校では3年時に主将を務め、夏の埼玉大会決勝戦では本塁打を放つなど、同校初となる夏の甲子園出場に貢献。
卒業後、東都大学野球連盟所属の日本大学に進学し、一学年下の高根澤力と正捕手のポジションを争う。
捕手としてレギュラーに定着した3年の春季リーグ戦で首位打者を獲得、ベストナインにも選ばれ、同年の日米大学野球選手権大会日本代表に選出された。

映像作品

関連書籍

音楽作品

北川博敏は、日本の元プロ野球選手。ポジションは捕手→内野手。通称「スマイルボンバー」「サヨナラ男」。 1972年5月27日生まれ、兵庫県伊丹市出身。A型。右投右打。 2001年9月26日、大阪ドームでのオリックス・ブルーウェーブ戦で代打逆転サヨナラ満塁本塁打を打ち、その時点で優勝を決めたことで知られる。 2004年、内野手に登録変更される。*1 バッターボックスに入る際の曲は「逆転イッパツマン」。 2012年10月3日、現役引退を発表し、10月7日の本拠地最終戦の対西武戦において引退試合として5番・一塁として先発出場、試合後引退セレモニーを開く。 2021年10月29日、球団より2013年シーズンにおいて二軍打撃コーチに就任することが発表された。 (引用元 Hatena Keyword)