生年月日データベース

実相寺昭雄じっそうじあきお

演出家映画監督[日本]

1937年 3月29日

2006年 11月29日 死去胃がん享年70歳
実相寺昭雄 - ウィキペディアより引用

実相寺 昭雄(じっそうじ あきお、1937年3月29日 - 2006年11月29日)は、映画監督、演出家、脚本家、小説家。
東京藝術大学名誉教授。
妻は原知佐子。
現在までのところ、デビュー作(長編映画第1作)でFIAPF公認の国際映画祭(ロカルノ国際映画祭)の最高賞を獲得した唯一の日本人監督である。
1937年(昭和12年)3月29日、東京四谷に生まれ、中国青島で育つ。
日本敗戦を満州で経験し、戦後帰国。
1959年(昭和34年)、早稲田大学第二文学部(在学中に第一文学部から転籍)仏文科卒業後、在学中に国家公務員試験に合格したこともあり、外務省に勤務。
その後ラジオ東京(現 TBS)に入社。
演出部に配属され、テレビ演出家として活動。
1961年(昭和36年)、『歌う佐川ミツオ・ショー』の中継演出でデビュー。
続いて『さようなら1961年 日劇ビッグパレード』を演出。
以後、スタジオドラマや中継で演出に腕を振るう。
しかしスチールを多用したり、ショー中に街頭インタビューを挿入したりと、実相寺のイメージ優先のシュールな演出は局の理解を得られず、テレビドラマでラストシーンに唐突に暗転させ雪を降らせたところ「なぜいきなり雪を降らすんだ」と大目玉を喰らった。

映像作品

関連書籍

音楽作品

Akio Jissoji (1937年-2006年) 映画監督、テレビ演出家、オペラ演出家、エッセイスト。 1937年3月29日生まれ(東京都出身)。 ウルトラ・シリーズのアンチ・ヒーロードラマ的な演出で、伝説的な存在となる。 『長崎犯科帳』『子連れ狼』など萬屋錦之介主演時代劇のオープニング、エンディングの演出でも有名。 「川崎高」などのペンネームも用いた。 2006年11月29日、最後の仕事であったハイドンのオペラ《月の世界》のゲネプロの日の朝、長らく患っていた病気のため死去。 (引用元 Hatena Keyword)