生年月日データベース

篠田桃紅しのだとうこう

美術家、エッセイスト[日本(満州)]

1913年 3月28日

関連書籍

しのだ-とうこう 1913-昭和-平成時代の書家,美術家。大正2年3月28日中国大連生まれ。伝統的な書道から戦後は前衛的な墨象に移行。昭和31-33年欧米に滞在し,各地で個展を開催,注目をあつめた。代表作に東京芝増上寺の壁画など。35年ころよりリトグラフを制作。文章もよくし,54年「墨いろ」で日本エッセイスト・クラブ賞。東京府立第八高女卒。本名は満洲子(ますこ)。 (引用元 コトバンク)

「篠田桃紅」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 水墨
  • ニューヨーク
  • 主義
  • 制作
  • 墨象
  • 女学校
  • 展示
  • 年譜
  • 抽象
  • 抽象画
  • 文字
  • 日本
  • 東州
  • 租借地
  • 篠田正浩
  • 著書
  • 表現
  • 関連
  • ほとんど
  • アメリカ
  • 交流
  • 以後
  • 作家
  • 個展
  • 全盛期
  • 前衛書
  • 各国
  • 大連
  • 大連市
  • 帰国
  • 従弟
  • 所属
  • 手ほどき
  • 数回
  • 時代
  • 書道
  • 気候
  • 決まり事
  • 渡米
  • 滞在
  • 独学
  • 発表
  • 絵画
  • 芸術院
  • 評価
  • 造形