生年月日データベース

吉井怜よしいれい

女優タレント[日本]

1982年 3月18日 生 (満37歳)

吉井怜 - 女優、タレント

吉井 怜(よしい れい、1982年(昭和57年)3月18日 - )は日本の女優、タレントである。
所属事務所はホリエージェンシー。
本名、飛知和 怜(ひちわ れい)。
人物・略歴 東京都立永福高等学校(現・東京都立杉並総合高等学校)卒業。
デビュー当時は清純派アイドルだった。
1996年、テレビ東京の情報番組『IT'sアクセス』でTVデビュー。
1998年、テレビ東京の特撮番組『仮面天使ロゼッタ』のヒロイン・神あすか役で、初主演を果たしブレイクした。
1999年、所属事務所の親会社・ホリプロに所属の優香、堀越のり、唐沢美帆と共に1か月の期間限定音楽ユニットNITROとして活動。
同年度のフジテレビビジュアルクイーンに選出。
2000年、奄美大島でのグラビア・カレンダーの撮影時に急性骨髄性白血病を発症した。
病名は両親にだけ伝えられ、骨髄不全症から来る再生不良性貧血で3か月の入院が必要と告げられた。
医師から治療(抗がん剤投与)の副作用から髪の毛が抜け落ちると告げられ、芸能生活がおしまいだと絶望感を味わったが、当時の専務の「待っているから」という言葉にはげまされた。

映像作品

関連書籍

音楽作品

アイドル(グラビアアイドル)。タレント。女優。 1982年3月18日生まれ。東京都出身。血液型A型→O型(骨髄移植)。 本名・飛知和怜(ひちわ・れい)。身長:155cm、B87、W58、H87。 ホリエージェンシー所属。 2000年急性骨髄性白血病で倒れ闘病生活を余儀なくされるが、母親からの骨髄提供で回復。血液型がA型からO型になり、不妊になってしまったが、体調は回復し、芸能界に復帰。闘病記として「神様、何するの」を出版し、2003年には宮地真緒主演で闘病生活がドラマ化された。 (引用元 Hatena Keyword)