生年月日データベース

二階俊博にかいとしひろ

政治屋[日本]

1939年 2月17日 生 (満80歳)

二階 俊博(にかい としひろ、1939年2月17日 - )は、日本の政治家。
衆議院議員(11期)、自由民主党総務会長(第53代)、志帥会会長(第5代)。
親中、親韓派議員として知られる。
運輸大臣(第75・76代)、北海道開発庁長官(第69・70代)、経済産業大臣(第6代・9代・10代)、保守新党幹事長、和歌山県議会議員(2期)を歴任。
学位は法学士(中央大学)。
生い立ち 和歌山県御坊市出身。
父、二階俊太郎は和歌山県議会議員・稲原村村長・御坊造船社長。
母、菊枝は当時まだ珍しかった女性医師。
和歌山県立日高高等学校を経て中央大学法学部政治学科卒業(法学士)。
その後、静岡県選出の衆議院議員で建設大臣を務めた遠藤三郎の秘書となる。
遠藤の死後、和歌山に戻り1975年、和歌山県議会議員に立候補、当選して2期務めた。
国政へ 1983年、旧和歌山2区から自由民主党公認(田中派)で第37回衆議院議員総選挙に立候補、5万3611票を獲得し、2位当選(以後、現在まで連続当選)した。

関連書籍

DMMメディア

にかい-としひろ 1939-昭和後期-平成時代の政治家。昭和14年2月17日生まれ。元建設相・遠藤三郎秘書,和歌山県会議員などをへて,昭和58年衆議院議員に初当選(当選11回)。平成5年小沢一郎と新生党を結成。のち小沢にしたがい新進党,自由党に参加する。国会対策委員長として自自連立政権樹立につくし,11年小渕第2次改造内閣の運輸相・北海道開発庁長官として初入閣した。12年小沢と袂をわかち保守党を結成し,自公保連立政権に参加,第1次森内閣の運輸相・北海道開発庁長官。14年保守新党幹事長についたが15年の総選挙で惨敗し自民党に吸収された。同年新しい波(二階派)を結成。第3次小泉改造内閣,福田康夫改造内閣,麻生内閣で経済産業相。平成19-20年には自民党総務会長をつとめた。26年第2次安倍改造内閣発足にあたって再び自民党総務会長に就任。和歌山県出身。中央大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 内閣
  • 自由民主党
  • 保守新党
  • 大臣
  • 幹事
  • 改造
  • 対策
  • 運輸
  • 会長
  • 保守党
  • 北海道開発庁
  • 和歌山
  • 国会
  • 執行
  • 委員長
  • 小渕内閣
  • 常任
  • 幹事会
  • 役員
  • 志帥会
  • 政務
  • 森内閣
  • 次官
  • 歴代
  • 海部
  • 産業
  • 県議会
  • 細川
  • 経済
  • 総務
  • 議員
  • 長官
  • 初代
  • 国会議員
  • 委員会
  • 小泉
  • 局長
  • 日本
  • 福田康夫
  • 総務会
  • 衆議院
  • 運輸省
  • 選挙
  • 麻生