生年月日データベース

白洲次郎しらすじろう

官僚、実業家、東北電力会長[日本]

1902年 2月17日

1985年 11月28日 死去享年84歳

白洲 次郎(しらす じろう、1902年2月17日 - 1985年11月28日)は、日本の官僚、実業家。
兵庫県芦屋市出身。
終戦連絡中央事務局次長、経済安定本部次長、貿易庁長官、東北電力会長などを歴任した。
連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍し、終戦連絡中央事務局や経済安定本部の次長を経て、商工省の外局として新設された貿易庁の長官を務めた。
吉田茂の側近として連合国軍最高司令官総司令部と渡り合う。
吉田政権崩壊後は、実業家として東北電力の会長を務めるなど多くの企業の役員を歴任した。
一時は忘れられた存在であったが、1990年代前半頃から少しずつ再評価され各種メディアで取り上げられることが増え、21世紀に入ってからは「日本のプリンシパル」(ここでは“有数の要人”程度の意味)と持ち上げる書籍が多く刊行されている。
プロフィール 生い立ち 白洲次郎は1902年(明治35年)2月17日、兵庫県武庫郡精道村(現・芦屋市)に白洲文平・芳子夫妻の二男として生まれた。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

実業家。1902〜1985 兵庫県芦屋市生まれ。ケンブリッジ大学卒業。 米軍による占領時、終戦連絡事務局に勤務し、憲法草案、平和条約交渉等に関わった。 夫人は、作家・随筆家の白洲正子。身長185センチ。 旧制第一神戸中学校(現、兵庫県立神戸高校)を卒業後、渡英。 帰国後、27歳で英語新聞の『ジャパン・アドバタイザー』の記者となり、その後、セール・フレイザー商会取締役、日本食糧工業(後の日本水産)取締役を歴任する。 その頃、吉田茂を中心とする「ヨハンセン・グループ」(宮中反戦グループ)に加わり、終戦工作に奔走した。 また、貿易庁(通産省)長官、東北電力会長などを歴任。 日本で最初にジーンズを履いた男としても知られている。 近年業績が再評価され、NHK「その時歴史が動いた」、TBS「明石家さんま痛快ニッポン男子スペシャル」などで紹介されている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 画像
  • 依頼
  • 改訂
  • 日本
  • しらす
  • じろう
  • 提供
  • 本人
  • 生誕
  • 確認