生年月日データベース

田辺茂一たなべもいち

紀伊國屋書店 創業者[日本]

1905年 2月12日

1981年 12月11日 死去享年77歳

田辺 茂一(たなべ もいち 本名の読みはしげいち、1905年2月12日 - 1981年12月11日)は、東京府出身の出版事業家、文化人。
紀伊國屋書店創業者。
東京・新宿にて、紀州備長炭を商う「紀伊國屋」の跡取りとして生まれる。
祖先は紀州和歌山の出身。
私立高千穂小学校在学中であった、1915年の大正天皇の即位大典の日、父に連れられて入った丸善で洋書に魅せられて、書店経営を志すに至る。
卒業後、慶應義塾専門部予科に入学。
同級に演出家の大江良太郎がいた。
1926年3月、慶應義塾高等部を卒業。
1927年1月、新宿にて紀伊國屋書店を創業する。
1928年、小学校の同級生だった舟橋聖一たちと共に、同人誌『文芸都市』を創刊。
戦災で大きな被害を受け、一時は廃業も考えたが、将棋仲間だった角川源義の励ましで事業を再開。
1946年1月に法人化し、株式会社紀伊國屋書店に改組。
それに伴って、同社代表取締役社長に就任。
1950年、陸軍主計中尉あがりの松原治を経営陣に迎え、初めて経営が安定する。
これ以降、田辺自身はほとんど経営に関与せず、夜な夜な銀座に出現してバーからバーへと飲み歩き、華麗な女性遍歴を繰り広げて「夜の市長」と呼ばれた。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

たなべ-もいち 1905-1981昭和時代の書店主,随筆家。明治38年2月12日生まれ。昭和2年東京新宿に紀伊国屋(きのくにや)書店をひらく。舟橋聖一らと「文芸都市」「行動」などを,尾崎士郎らと「文学者」を創刊し,資金をだして刊行をささえる。戦後は海外に支店をだすなど大型書店へと発展させる一方,小説「世話した女」,随筆集「夜の市長」などに才筆をふるった。昭和56年12月11日死去。76歳。東京出身。慶応義塾高等部卒。本名は茂一(しげいち)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 紀州
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • 丸善
  • 備長炭
  • 出典
  • 出演
  • 出身
  • 大正
  • 天皇
  • 慶應義塾
  • 文化人
  • 新宿
  • 新宿区
  • 注釈
  • 紀伊國屋書店
  • 著書
  • 関連
  • 予科
  • 事業家
  • 出版
  • 創業者
  • 卒業
  • 即位
  • 和歌山
  • 和歌山市
  • 在学
  • 大典
  • 専門
  • 小学校
  • 書店
  • 東京
  • 東京都
  • 洋書
  • 祖先
  • 私立
  • 紀伊国
  • 紀伊國屋
  • 経営
  • 跡取り
  • 高千穂