生年月日データベース

上原正三うえはらしょうぞう

脚本家[日本]

1937年 2月6日 生 (満82歳)

上原 正三(うえはら しょうぞう、1937年2月6日 - )は、日本の脚本家。
沖縄県那覇市出身。
父は警察官で、五人兄弟の第三子。
太平洋戦争の激化により、1944年9月に一時台湾に避難、一か月後に那覇に戻る予定だったが、那覇が空襲で壊滅、乗っていた那覇行きの船は行き場を失って約2週間漂流の後、鹿児島へたどり着き、そこから熊本県に移って疎開生活を送る。
終戦後の1946年に沖縄に帰郷。
小学生時代は石川市(現・うるま市)、玉城村(現・南城市)で過ごす。
沖縄県立那覇高等学校に進学、高校生時代は映画に夢中で、『シェーン』などの作品に感動、これが本格的な映画との出会いになった。
中央大学文学部に進学、大学生時代からアマチュアで脚本を執筆、この時は自らの戦争体験を伝えるべく沖縄戦や米軍基地をテーマにした脚本を書いていた。
大学卒業後、肺結核に罹って療養のため25歳で一時帰郷、この帰郷中に母の友人に「同じ映画好き」として誘われて金城哲夫と出会う。
先に円谷プロダクションに入社した金城の誘いで上京して円谷英二、円谷一と出会い、一に「脚本家になりたいなら、まず賞を取れ」と言われ、沖縄戦をテーマにした脚本『収骨』を執筆、同作を芸術祭一般公募に出品して佳作入選。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

脚本家。 円谷プロに在籍し、1966年『ウルトラQ』でデビュー。その後『ウルトラセブン』『怪奇大作戦』『帰ってきたウルトラマン』等の円谷作品で腕を奮い、数々の傑作エピソードを残した。 1970年代後半は円谷プロから離れ、東映の特撮作品に参加。『イナズマン』『宇宙刑事ギャバン』などの単体ヒーローや『秘密戦隊ゴレンジャー』などグループヒーローものの諸作でメインライターとし活躍。メタルヒーロー物やスーパー戦隊シリーズの礎を築く。 この時代には本当に数多くの特撮作品に参加しており、至る所でその名前を見る事が出来る。 また、東映動画制作のアニメーションの脚本も数多くこなしている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 製作
  • プロダクション
  • 東映
  • ウルトラ
  • エピソード
  • オリジナル
  • シリーズ
  • ドラマ
  • ビデオ
  • ピー
  • 企画
  • 円谷
  • 日本
  • 映画
  • 時代劇
  • 特撮
  • 現代
  • 脚本
  • 那覇市
  • 関係
  • 関連
  • ....
  • 出身
  • 沖縄県