生年月日データベース

プラシド・ドミンゴPlacido Domingo

声楽家[スペイン]

1941年 1月21日 生 (満78歳)

プラシド・ドミンゴ - ウィキペディアより引用

プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo,1941年1月21日 - )は、スペイン生まれのテノール歌手で、指揮者、歌劇場芸術監督としても活動している。
年上のルチアーノ・パヴァロッティ、年下であり同じくスペイン出身のホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても広く知られる。
生い立ち スペインのマドリード生まれ。
両親はサルスエラ歌手。
1949年、サルスエラ劇団を経営する家族とともにメキシコに移住、両親の一座で子役として舞台に立っていた。
1955年にメキシコシティの国立音楽院に入学してピアノと指揮を学ぶ。
デビュー 1959年に、メキシコシティのメキシコ国立歌劇場でテノール歌手としてデビューした。
1961年には同じくメキシコのモンテレイでアルフレード(椿姫』)を歌い、本格的な初主演を飾る。
1962年にテルアビブ歌劇場と契約し、イスラエルに移る。
多くの役に挑戦して実力を蓄えつつ、1965年までイスラエルで活躍。
1965年にニューヨーク・シティオペラと契約してアメリカに移った。

映像作品

関連書籍

音楽作品

Plácido Domingo? (1941-) スペイン出身のオペラを代表するテノール歌手。指揮者としても活動。ヴェルディの《オテロ》《仮面舞踏会》《イル・トロヴァトーレ》、プッチーニの《マノン・レスコー》《蝶々夫人》といったイタリアものから、ビゼーの《カルメン》、マスネの《エロディアード》、オッフェンバックの《ホフマン物語》、サン=サーンスの《サムソンとデリラ》といったフランスもの、自国スペインのサルスエラ、そしてワーグナーと幅広いレパートリーを誇る。また、ホセ・カレーラス、ルチアーノ・パヴァロッティと共に「3大テノール」Three Tenors としてもドームなどで大掛かりなツアーも行った。90年代より「Operaria」というコンクールを主催して若手の育成、発掘などにも力を注いでいる。 (引用元 Hatena Keyword)