生年月日データベース

芥川龍之介あくたがわりゅうのすけ

作家[日本]

1892年 3月1日

1927年 7月24日 死去自殺享年36歳
芥川龍之介の名言
人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わねば危険である。
芥川龍之介 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

小説家。東京生。号は我鬼・澄江堂主人。東大英文科卒。大学在学中に菊池寛らと第三次『新思潮』を創刊、第四次『新思潮』に「鼻」を発表し夏目漱石にその才能を認められる。作風は、「羅生門」「奉教人の死」「枯野抄」等の王朝物・キリシタン物・歴史物等から、「秋」「大導寺信輔の半生」等の現代物・私小説的な作品へと転じている。歿後、菊池寛により芥川賞が設けられた。昭和2年(1927)歿、36才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 中期
  • 今昔物語集
  • 俳号
  • 初期
  • 地獄変
  • 変遷
  • 宇治拾遺物語
  • 小説
  • 小説家
  • 弔辞
  • 日本
  • 晩年
  • 杜子春
  • 生涯
  • 短編
  • 自殺
  • 芋粥
  • 菊池寛
  • 蜘蛛
  • 記念館
  • しゅ
  • じん
  • ちょうこう
  • 主人
  • 児童
  • 古典
  • 多く
  • 本名
  • 澄江
  • 著作
  • 題材