生年月日データベース

永田鉄山ながたてつざん

陸軍少将[日本]

1884年 1月14日

1935年 8月12日 死去斬殺享年52歳
永田鉄山 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

ながたてつざん [生]1884.1.14.諏訪[没]1935.8.12.東京陸軍中将。1904年陸軍士官学校卒業。11年陸軍大学校を卒業し,13年歩兵58連隊中隊長。同年ドイツに駐在。15年デンマーク,スウェーデンに駐在。帰国後,20年論文「国家総動員に関する意見」を発表。26年国家総動員機関設置準備委員会幹事となり,持論であった国家総動員体制の完成を期して各方面に交渉してその基礎をつくった。34年陸軍省軍務局長となったが,統制派の中心人物の一人であったために,翌年皇道派の相沢中佐により斬殺された(→相沢事件)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 陸軍
  • 永田
  • バーデン
  • 学校
  • 日本
  • 統制
  • 陸軍省
  • 中佐
  • 参謀本部
  • 士官
  • 大学校
  • 大日本
  • 大臣
  • 密約
  • 少将
  • 帝国
  • 幼年
  • 旅団長
  • 栄典
  • 歩兵
  • 皇道
  • 相沢三郎
  • 評価
  • 軍人
  • 軍務
  • 軍歴
  • 逸話
  • 中央
  • 中心
  • 卒業
  • 将来
  • 局長
  • 抗争
  • 本流
  • 歴任
  • 殺害
  • 秀才
  • 軍内部
  • 軍政
  • 部長
  • 関連
  • 階級
  • 首席