生年月日データベース

安部譲二あべじょうじ

ヤクザ作家[日本]

1937年 5月17日 生 (満82歳)

安部 譲二(あべ じょうじ、本名:安部直也(あべ なおや)、1937年(昭和12年)5月17日 - )は、日本の小説家、漫画原作者、タレント。
元暴力団員であり、自らの服役経験を基にした自伝的小説『塀の中の懲りない面々』などの著作がある。
また漫画原作者としても、第51回小学館漫画賞を受賞した柿崎正澄の漫画『RAINBOW-二舎六房の七人-』などの作品がある。
血液型O型。
生い立ち 祖父は造船技師で、東京帝国大学で夏目漱石や正岡子規と同期。
日本郵船に勤務していた父安部正夫、母玉枝の次男(4人兄姉の末っ子)として東京市に生まれた。
父の転勤に伴い、ロンドンやローマで育つ。
第二次世界大戦が始まる前に日本へ帰国。
東京池田山(現・東京都品川区東五反田)の母の実家に育ち、森村学園幼稚園に通う。
戦争中は熱海の祖母の別荘に疎開。
軍属としてシンガポールに出征した父の残した本箱にあったシェイクスピア全集や漱石全集、世界文学全集、プルターク英雄伝、名将言行録などを国民学校(現在の小学校)低学年にして片っ端から読破。

映像作品

関連書籍

音楽作品

あべ-じょうじ 1937-昭和後期-平成時代の小説家。昭和12年5月17日生まれ。日本航空パーサー,ばくち打ちなどさまざまな職につき,ノミ行為や銃刀法違反などで計8年服役。昭和61年刑務所での体験をユーモラスにえがいた「塀の中の懲(こ)りない面々」で人気作家となる。東京出身。保善高卒。本名は直也。作品はほかに「塀の中のプレイ・ボール」「囚人道路」「藍色の海」など。 (引用元 コトバンク)