生年月日データベース

吉屋信子よしやのぶこ

作家[日本]

1896年 1月12日

1973年 7月11日 死去結腸がん享年78歳
吉屋信子 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

よしやのぶこ [生]1896.1.12.新潟[没]1973.7.11.鎌倉小説家。栃木高等女学校在学中から少女雑誌に投稿を始め,1917年から『花物語』(1924刊)を『少女画報』に連載。一方19年『地の果まで』が『大阪朝日新聞』の懸賞に入賞して文壇にデビュー,『海の極みまで』(21~23)で不動の地位を得た。ほかに長編『良人(おっと)の貞操』(36~37),『安宅家の人々』(51~52),短編『鬼火』(51)など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 再話
  • 小説家
  • 新潟市
  • 新潟県
  • 日本
  • 映像
  • 栃木市
  • 栃木県
  • 著書
  • 評伝
  • 評価
  • 郡長
  • 関連
  • 下都賀
  • 下都賀郡
  • 信子
  • 内心
  • 前半
  • 反発
  • 女学校
  • 官舎
  • 少女時代
  • 新潟
  • 栃木
  • 活躍
  • 男尊女卑
  • 県庁
  • 真岡
  • 真岡市
  • 移住
  • 考え方
  • 雄一
  • 頑固
  • 高等