生年月日データベース

古在由重こざいよししげ

哲学者[日本]

1901年 5月17日

1990年 3月6日 死去享年90歳

■ 関連書籍

こざい-よししげ 1901-1990昭和時代の哲学者。明治34年5月17日生まれ。父は古在由直,母は清水紫琴(しきん)。昭和7年戸坂潤らと唯物論研究会を設立。治安維持法で2度検挙される。戦後は民主主義科学者協会哲学部会の中心メンバーとなる。原水爆禁止運動や平和運動でも知られる。34年名大教授。平成2年3月6日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「現代哲学」「和魂論ノート」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 農芸
  • 共著
  • 化学者
  • 古在
  • 古在由直
  • 古在由秀
  • 名古屋大学
  • 唯物論
  • 天文
  • 学者
  • 幣原坦
  • 戸坂潤
  • 東京都
  • 治安維持
  • 清水紫琴
  • 澄江
  • 由正
  • 由重
  • 研究会
  • 編著
  • 翻訳
  • 著書
  • 豊樹
  • 上智大
  • 作家
  • 共産党
  • 出獄
  • 化学
  • 史学者
  • 大学
  • 夫妻
  • 帝国
  • 息子
  • 教授
  • 日本
  • 東京大学
  • 東洋
  • 検挙
  • 次女
  • 次男
  • 結婚
  • 設立
  • 違反
  • 長男