生年月日データベース

連城三紀彦れんじょうみきひこ

作家侶・真宗大谷派[日本]

1948年 1月11日

2013年 10月19日 死去胃がん享年66歳

連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、1948年1月11日 - 2013年10月19日)は、日本の小説家。
真宗大谷派の僧侶。
本名は加藤 甚吾(かとう じんご) 愛知県名古屋市出身。
愛知県立旭丘高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。
1977年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞(小説部門)を受賞し、同作が探偵小説専門誌『幻影城』1978年1月号に掲載されデビュー。
大胆な仕掛けや叙情性溢れる美文体を用いたトリッキーな作風で評価を得る。
その後ミステリ的筆致を心理の機微を表現することに応用した恋愛小説を著すようになり、直木賞を受賞した『恋文』以降は大衆小説に執筆の主軸を移した。
しかしその後もフレンチミステリ的心理劇や謀略サスペンス、誘拐もの、叙情的な幻想ミステリ、メタミステリなど、多彩なミステリの執筆も行っている。
2002年には『白光』、『人間動物園』とミステリー作品を連続して発表し、話題となった。
若い頃からの映画好きで、大学在学中にシナリオの勉強のため、フランスへ留学した経験を持つ。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

小説家。1948年1月11日、愛知県生まれ。本名・加藤甚吾。早稲田大在学中の78年、『変調二人羽織』(光文社)で探偵小説誌「幻影城」(発刊年1975~79)の新人賞を受賞しデビュー。大学卒業後は塾講師をしながら小説を書き続け、81年『戻り川心中』(光文社)で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。更に恋愛小説、時代小説と幅広く手がけ、84年には『宵待草夜情』(角川春樹事務所)で吉川英治文学新人賞を、『恋文』(新潮社)で直木賞を受賞した。85年には、若くして死別した父の跡を継ぎ、40歳を前にして京都市の東本願寺で得度し僧侶となった。96年『隠れ菊』(集英社)で柴田錬三郎賞を受賞。2013年10月19日、胃がんのため死去。享年65。 (2013-10-23) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ミステリー
  • ベスト
  • ミステリ
  • 作品
  • 日本
  • アンソロジー
  • エッセイ
  • ランキング
  • リスト
  • 候補
  • 僧侶
  • 協会
  • 単行本化
  • 受賞
  • 大谷
  • 対談
  • 小説
  • 年鑑
  • 推理
  • 文春
  • 文藝
  • 本格
  • 真宗
  • 短編
  • 連載
  • 週刊
  • 選集
  • 長編
  • かとう
  • じんご
  • テリーズ
  • ベストミステリーズ
  • ミス
  • 加藤
  • 本名
  • 甚吾