生年月日データベース

松山樹子まつやまみきこ

バレリーナ、振付師[日本]

1923年 1月10日 生 (満95歳)

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    すばらしきバレエ
    歌手
    発売元
    ソニー・ミュージックレコーズ
    発売日
    1992年1月22日
    演奏時間
    56分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,000 より

まつやまみきこ [生]1923.1.10.鹿児島舞踊家,振付師。本姓清水。日劇ダンシング・チームを経て,東勇作に師事し,『白鳥の湖』(1946)の日本初演に参加。1948年夫清水正夫を団長に,みずからは副団長として松山バレエ団を創設し,社会主義リアリズムを理論的基盤にしたバレエをつくった。『白狐の湯』(1953),『白毛女』(1955),『バフチサライの泉』(1957),『オセロ』(1961),『祇園祭』(1963)などを発表。1958年以後,繰り返し中国公演を行なった。松山バレエ団名誉芸術監督として息子の清水哲太郎と妻の森下洋子夫妻の活動を支える。 (引用元 コトバンク)

「松山樹子」と関連する人物