生年月日データベース

西村徳文にしむらのりふみ

プロ野球選手、監督[日本]

1960年 1月9日 生 (満59歳)

西村徳文 - ウィキペディアより引用

西村 徳文(にしむら のりふみ、1960年1月9日 - )は、宮崎県串間市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)、前千葉ロッテマリーンズ監督、野球解説者、評論家。
1982年から2012年までの31年間、選手・コーチ・監督としてロッテに在籍した。
愛称は「走る将軍」。
経歴編集 幼少期編集 幼少期は地元の方言で「おちゃかろ」と言われるほどの悪戯好きな子供だった。
串間市立有明小学校には野球部が存在しなかったため、兄とキャッチボールで遊び、串間市立福島中学校に進学してから本格的に野球を始めている。
中学まではそれほど俊足ではなかったが、走り幅跳びでは裸足で6m以上跳んだ。
中学・高校時代編集 中学生から野球の練習に励み、1974年には主将を務めて当時完成間もない宮崎市営球場で行われた宮崎県大会で優勝している。
宮崎県立福島高等学校進学後は1年生からベンチ入りし、走力などを高く評価されていた。
しかし、厳しい練習やオートバイへの憧れから1年生の秋には一時退部もしている。
1976年の夏には第58回全国高等学校野球選手権大会に1番・二塁手として出場したが初戦で新潟県立高田商業高等学校に敗れ、西村も無安打だった。

関連書籍

  • タイトル
    和のちから
    著者
    西村徳文
    発売元
    ダイヤモンド社
    ページ数
    216ページ
    発売日
    2011-03-04
    新品価格
    ¥ 1,512
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    和 信じぬく力
    著者
    西村徳文
    発売元
    潮出版社
    ページ数
    222ページ
    発売日
    2011-03-03
    新品価格
    ¥ 12,488
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    ロッテミラクル日本一 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
    著者
    発売元
    日刊スポーツ出版社
    ページ数
    80ページ
    発売日
    2010-11-11
    新品価格
    中古商品
    ¥ 145 より

プロ野球、ロッテオリオンズの選手。 右投両打、ポジションは二塁手→外野手。背番号は32→3番。 1960年1月9日生まれ。宮崎県串間市出身。 宮崎福島高校から鹿児島鉄道管理局に進む。 1983年、ドラフト5位でロッテオリオンズに入団。 入団後、山本一義の勧めでスイッチヒッターに転向。 1984年、一軍に昇格し、二塁手の定位置を獲得。 走攻守三拍子揃ったリードオフマンして活躍、1985年には打率.311でパ・リーグ9位。 1988年、外野手に転向。プロ野球史上に残る10.19ダブルヘッダーも戦った。 1990年、松永浩美との激しいタイトル争いを制し、打率.338で首位打者のタイトルを獲得。 永きに渡りオリオンズ・マリーンズの核弾頭としてチームを牽引した。 1996年、怪我とサブロー・諸積兼司らの台頭により、出場機会が減少。 1997年、現役引退。 1998年、千葉ロッテマリーンズの守備走塁コーチに就任。 2002年には二軍守備走塁コーチとして、多くの若手を育てた。 2004年、ボビー・バレンタインの監督復帰に伴い、千葉ロッテマリーンズのヘッドコーチ兼外野守備・走塁コーチに就任。三塁コーチを09年まで務めた*1。 2010年、千葉ロッテマリーンズの監督に就任。同年、レギュラーシーズン3位からの日本シリーズ優勝を果たす。 日韓クラブチャンピオンシップも制してアジアチャンピオンにも輝き、同年の正力松太郎賞を受賞。 2012年、千葉ロッテマリーンズの監督を辞任。 *1:04年に3日間だけ代理監督。 (引用元 Hatena Keyword)