生年月日データベース

立原正秋たちはらまさあき

作家詩人[日本(朝鮮)]

1926年 1月6日

1980年 8月12日 死去享年55歳

■ 映像作品

■ 関連書籍

たちはらまさあき [生]1926.1.6.大邱[没]1980.8.12.鎌倉小説家。本名は米本正秋であったが,死の直前に一家で立原に改姓。父母ともに日朝の混血で,父は李朝末期の貴族の末裔。6歳のときに父が死亡,1935年渡日し,37年母の再婚先の横須賀に移り,50年からは鎌倉に住む。44年京城帝国大学予科に入学するが病気のため帰国。45年早稲田大学専門学校法律学科に入学,作家を志して49年に中退。56年に処女作『セールスマン・津田順一』を発表。日韓2つの祖国をもつ人物を描いた『剣ヶ崎』(1965)が芥川賞候補作となる。『白い罌粟(けし)』(66)で直木賞を受賞。虚無や美を主題とし,鮮烈な叙情をたたえた作風で『冬の旅』(69),『きぬた』(73),日本の美をテーマとしたエッセイ『日本の庭』(77),『立原正秋全集』24巻(82~84)などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • 小説家
  • 慶尚北道
  • 日本
  • 家族
  • 幼少
  • 朝鮮
  • 没後
  • 特集
  • 編著
  • 編集者
  • 著作
  • 詩人
  • 関連
  • 随筆家
  • 雑誌
  • 大正
  • 大韓民国
  • 安東
  • 早稲田大学
  • 東市
  • 現在
  • 統治
  • 韓国