生年月日データベース

山名宗全やまなそうぜん

守護大名[日本]

(応永11年5月29日生)

(ユリウス暦) 1404年 7月6日

(ユリウス暦) 1473年 4月15日 死去享年70歳
山名宗全 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

山名宗全/山名持豊(応永十一〔1404〕年五月十一日〜文明五〔1473〕年三月十八日) 室町時代の守護大名、応仁の乱の西軍の総大将。 山名時煕の三男。諱は持豊。宗全は出家後の法名。 足利義教の家督介入により兄の山名持煕を差し置いて永享四(1432)年家督を継承、永享十二(1440)年には侍所頭人になる。 嘉吉元(1441)年足利義教が赤松満祐に暗殺された(嘉吉の乱)の時には義教とともに赤松邸にいたが、無抵抗で逃亡し、その後赤松氏の討伐に活躍する。 嘉吉の乱後にはその功績によって赤松氏の旧領も支配し、明徳の乱で衰退していた山名氏の権勢を大いに盛り上げた。さらに播磨の支配をめぐって対立した赤松義雅(満祐の弟で嘉吉の乱では満祐に同調せず、室町幕府側として戦った)を排斥し、養女を細川勝元の妻として、さらに子の豊久を勝元の養子として細川氏との関係を強化、さらに大内政弘とも縁戚関係となり、山名氏の力を強める。 宝徳二(1450)年に家督を教豊に譲り出家して宗全と名乗る。しかし享徳三(1454)年には赤松則尚(赤松満祐の甥)の帰参をめぐって室町幕府八代将軍足利義政の不興を買い、失脚するが、則尚が挙兵するとこれを討ち、幕政に復帰する。長禄二(1458)年には赤松遺臣が後南朝に奪われていた神器を奪還し、その功績によって赤松政則による赤松家復興が実現すると、それを後押しした細川勝元との対立が深まる。 畠山持国の後継者争いでは当初勝元と歩調を合わせて持国が推す持国の実子の畠山義就ではなく、持国の甥の畠山政長を支持していたが、やがて義就を推すようになる。 文正元(1466) …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 入道
  • 応仁
  • 但馬
  • 侍所
  • 備後
  • 嘉吉
  • 安芸
  • 宗全
  • 室町
  • 家督
  • 山名
  • 山名時熙
  • 山名氏清
  • 幕府
  • 性格
  • 播磨
  • 最期
  • 死後
  • 生涯
  • 相続
  • 西軍
  • 逸話
  • 関連
  • 隠居
  • 伊賀
  • 伊賀国
  • 出家
  • 守護
  • 家柄
  • 持豊
  • 法名
  • 総大将
  • 頭人