生年月日データベース

舟橋聖一ふなはしせいいち

作家[日本]

1904年 12月25日

舟橋聖一 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

ふなはしせいいち [生]1904.12.25.東京[没]1976.1.13.東京小説家,劇作家。1928年東京大学国文学科卒業。在学中の25年『朱門』同人となり,河原崎長十郎主宰の劇団「心座」結成に参画,戯曲『痼疾者』(1926)を上演,好評を博した。その後徳田秋声の門に入り小説に転じ,『ダイヴイング』(34)により行動主義を主張,『文学界』同人(35)となった。『木石』(38),『悉皆屋(しっかいや)康吉』(41~45)を経て,第2次世界大戦後は『雪夫人絵図』(48~50),『芸者小夏』(52)など濃厚な愛欲世界に独特のロマンチシズムを発揮し,井伊直弼の生涯を描いた『花の生涯』(52~53)も注目を浴びた。そのほか『岩野泡鳴伝』(36~38),『ある女の遠景』(63)など。芸術院会員。75年文化功労者。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大学
  • 小説
  • 戯曲
  • 東京
  • 発表
  • ヒューマニズム
  • 中心
  • 作家
  • 同人
  • 和郎
  • 大正
  • 学校
  • 小説家
  • 尽力
  • 忠臣蔵
  • 文壇
  • 文学部
  • 文學界
  • 新潮
  • 日本
  • 日本文芸家協会
  • 旧制
  • 村山知義
  • 水戸
  • 河原崎長十郎
  • 生島
  • 生涯
  • 絵島
  • 脚本家
  • 舟橋
  • 著作権
  • 行動
  • 風俗
  • 高等
  • お市
  • かい
  • かたわら
  • きゃら
  • キアラ
  • ダイヴィング
  • 一方
  • 主義
  • 代表作
  • 伽羅
  • 創刊
  • 劇団
  • 参加
  • 問題
  • 在学
  • 地位
  • 多く
  • 夫人
  • 帝国
  • 康吉
  • 御寮人
  • 悉皆屋
  • 戦後
  • 改革者
  • 教授
  • 教鞭
  • 旗揚げ
  • 明治
  • 明治大学
  • 昭和
  • 木石
  • 朱門
  • 東京大学
  • 流行
  • 現実
  • 理事
  • 確立
  • 精神
  • 結成
  • 絵図
  • 胸飾り
  • 能動
  • 自ら
  • 解決
  • 連合
  • 運動
  • 遠景
  • 選出
  • 雑誌
  • 風景