生年月日データベース

ディッキー・ゴンザレスDicky Angel Gonzalez

プロ野球選手[プエルトリコ]

1978年 12月21日 生 (満40歳)

ディッキー・ゴンザレス - ウィキペディアより引用

ディッキー・アンヘル・ゴンザレス(Dicky Angel González, 1978年12月21日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手(投手)。
メッツ・デビルレイズ時代 1996年のMLBドラフトにおいて16巡目・全体468位でニューヨーク・メッツに指名され、プエルトリコのアドルフィナ・イリサリー高校から入団する。
入団後はマイナーリーグで経験を積み、2001年にMLBで初登板を果たす。
なお、当時のメッツの同僚に新庄剛志がおり、この出会いが後の日本球界挑戦に影響を与えたことを来日後の会見で語っている。
2002年からは再びマイナー生活を送り、2004年にタンパベイ・デビルレイズで再びMLBへ昇格したが、目立った実績は残せなかった。
マイナー通算71勝をマークしている。
ヤクルト時代 2004年6月、ヤクルトスワローズと契約を結んで来日した。
1年目はリリーフ不足のチーム事情から主に中継ぎで登板するが、時折り先発も務め4勝2敗の成績を残した。

Dicky Gonzalez プロ野球選手。 右投右打、ポジションは投手。背番号は42→78→49番。 1978年12月21日生まれ。プエルトリコ・バヤモン出身。 アドルフィナ・イリサリー高から1997年、ニューヨーク・メッツに入団。 2002年、タンパベイ・デビルレイズに移籍。 主にマイナーリーグで活躍し、通算71勝を挙げる。 2004年6月、ヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に途中入団。 先発投手としてローテーションの一角を担う。 2008年オフに戦力外通告を受け読売ジャイアンツに入団。 2012年、退団。 2013年、千葉ロッテマリーンズに入団。   (引用元 Hatena Keyword)