生年月日データベース

李明博Lee Myung-Bak

政治屋大統領[韓国]

1941年 12月19日 生 (満77歳)

李明博 - ウィキペディアより引用

李 明博(イ・ミョンバク、이명박、1941年12月19日 - )は、日本の大阪府大阪市平野区出身の韓国の政治家。
第17代大統領、ソウル特別市長を歴任。
本貫は慶州李氏。
号は一松(イルソン、일송)。
生誕時および1945年までの日本での通名は月山 明博(つきやま あきひろ)。
現代建設社長、国会議員(ハンナラ党)などの要職を歴任した。
2002年、ソウル特別市市長に就任し、都市改造政策等を行った。
2007年12月19日施行の大統領選挙に出馬し、対立候補を大差で破り当選した。
2008年2月25日、第17代大韓民国大統領に就任し、5年間の政権を正式に発足させた。
2013年2月24日に第17代大韓民国大統領を任期満了で退任。
成長過程および教育 1941年、慶尚北道浦項出身の李忠雨(イ・チュンウ、이충우)を父親、蔡太元(チェ・テウォン、채태원)を母親とし、四男三女の三男(第五子)として大阪府中河内郡加美村(その後の大阪市東住吉区、現在の大阪市平野区加美南3丁目)の「島田牧場」の社宅に生まれる。

関連書籍

DMMメディア

大韓民国第17代大統領。1941年12月19日大阪市生まれ。2007年12月の大統領選挙で、野党ハンナラ党の候補として、与党大統合民主新党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)、保守系無所属の李会昌(イ・フェチャン)に大差をつけて、48.7%の得票率で当選し、08年2月25日大統領就任(任期は13年2月24日まで)。それまで金大中(キム・デジュン)大統領、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と、2代で10年間続いた「左翼政権」の下で社会・経済が停滞したことに対する国民の反発が、李明博の経済的手腕に期待を寄せたと考えられる。しかし、就任直後の米国産牛肉の輸入制限緩和がBSE(牛海綿状脳症)感染の危機意識を刺激し、首都ソウルは5月から2カ月以上にわたって抗議集会に覆われ、大統領支持率は10%台にまで落ちた。その後も世界金融危機の影響を受けて、「経済大統領」の期待には応えきれていない。支持率は30%台に回復していたが、09年5月の盧武鉉前大統領の自殺後は前大統領への同情から再び20%台に落ちた。 李は、父親が植民地統治下の朝鮮から日本に出稼ぎに来ていた関係で日本で生まれた。家族は1945年に帰国するが極貧の生活を送り、李は苦学して大学に進学。政治活動には関心のない学生だったが、学生会長在任中に起きた日韓基本条約反対闘争で逮捕され、卒業後の就職が困難となり、ようやく当時中小企業の現代(ヒョンデ)建設に入社。現代グループは韓国の経済成長にあわせて急成長し、入社12年後に現代建設の社長となった李は、サラリーマンの鑑(かがみ)として神話化された。51歳で国会議員に転身(92年)し、61歳でソウル市長に就任(在任2002年~06年)。66歳で軍人出身でも左翼活動 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大統領
  • ソウル
  • 市長
  • ビジネス
  • 入門
  • 国内外
  • 大韓民国
  • 年譜
  • 慶州
  • 成長
  • 政治家
  • 政界
  • 政策
  • 教育
  • 時代
  • 本貫
  • 李氏
  • 概要
  • 過程
  • 選挙
  • あきひろ
  • つきやま
  • イルソン
  • 一松
  • 他言語
  • 出身
  • 執筆
  • 新規
  • 日本
  • 明博
  • 月山
  • 朝鮮語
  • 歴任
  • 生誕
  • 翻訳
  • 通名
  • 雅号
  • 韓国