生年月日データベース

堀辰雄ほりたつお

作家[日本]

1904年 12月28日

堀辰雄 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ほりたつお [生]1904.12.28.東京[没]1953.5.28.長野,追分小説家。第一高等学校を経て1929年東京大学国文学科卒業。23年室生犀星を通じて芥川龍之介を知り深い影響を受け,芥川の自殺の衝撃を卒業論文『芥川龍之介論』(1929)および『聖家族』(30)に結晶,西欧心理主義の手法によって知性と感性の統一をはかる近代的スタイルで作家としての地位を確立した。その後喀血し長野県のサナトリウムに入り,軽井沢と東京を往復しながら,『恢復期』(31),『燃ゆる頬』(32)などの小品,連作『美しい村』(33),『物語の女』(34),連作『風立ちぬ』,『菜穂子』(41)などの,死を見つめながら生を肯定するという主題の巧緻な小説を書いた。詩誌『四季』を主宰。『かげろふの日記』(37),紀行文『大和路・信濃路』(43),絶筆『雪の上の足跡』(46)がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文学
  • 小説
  • 日本
  • 時代
  • フィクション
  • フランス
  • ロマン
  • 中村真一郎
  • 丸岡明
  • 主義
  • 作品
  • 古典
  • 女流
  • 小説家
  • 少年
  • 幼少
  • 心理
  • 数学
  • 王朝
  • 生涯
  • 福永武彦
  • 私小説
  • 立原道造
  • 肺結核
  • 開眼
  • そこ
  • それまで
  • それら
  • ほとんど
  • 不安
  • 世代
  • 世界
  • 作りもの
  • 作風
  • 創造
  • 弟子
  • 形式
  • 彼ら
  • 後進
  • 悪化
  • 戦争
  • 戦後
  • 戦時
  • 支持
  • 時流
  • 末期
  • 死去
  • 生命
  • 生活
  • 症状
  • 療養
  • 発表
  • 確立
  • 結核
  • 舞台
  • 融合
  • 西洋
  • 軽井沢
  • 軽井沢町
  • 迎合
  • 闘病