生年月日データベース

舟木一夫ふなきかずお

歌手[日本]

1944年 12月12日 生 (満74歳)

舟木 一夫(ふなき かずお、本名:上田 成幸、1944年12月12日 - )は、日本の歌手、タレント。
橋幸夫、西郷輝彦とともに“御三家”と呼ばれている。
学生服と八重歯がトレードマークで、デビュー当時は、学園ソングとよばれる、高校生活をテーマにした歌が多かった。
血液型はO型。
身長172cm。
初期の所属事務所はホリプロダクション、現在のホリプロであった。
愛知県中島郡萩原町(現・一宮市)出身。
当初は舟木和夫という芸名になる予定だったが、舟木自身の希望で一夫になった。
のびやかな美声で1960年代を中心にヒットを飛ばし、同じ時期にデビューした西郷輝彦、橋幸夫とともに「御三家」として人気を集める。
青春ソングの定番「高校三年生」に代表されるように、学生時代を題材にした歌謡曲のほか、『銭形平次』のテーマソングのように、時代モノも数多く歌っている。
また舞台などにも出演し、多彩な活動をしている。
デビューまで 1961年夏、名古屋で行われた「松島アキラショー」で、ステージ上の松島アキラが『湖愁』を誰か一緒に歌わないかと客席に声を掛けた所、前列に居た高校生が勢いよく手を上げた。

映像作品

関連書籍

音楽作品