生年月日データベース

小渕優子おぶちゆうこ

政治家[日本]

1973年 12月11日 生 (満45歳)

小渕優子 - ウィキペディアより引用

小渕 優子(おぶち ゆうこ、1973年(昭和48年)12月11日 ‐ )は、日本の政治家。
衆議院議員(6期)。
学位は公共経営修士(専門職)(早稲田大学・2006年)。
自由民主党群馬県第五選挙区支部支部長。
経済産業大臣(第18代)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当、男女共同参画担当、原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)などを歴任した。
父親は第84代内閣総理大臣の小渕恵三。
生い立ち 東京都文京区生まれ(住所は群馬県吾妻郡中之条町)。
星美学園幼稚園、同小学校を経て成城学園中学校に進学し、成城学園高等学校、成城大学経済学部経営学科を卒業。
大学卒業後、TBSに入社。
テレビでは『はなまるマーケット』などに携わっていた。
1998年(平成10年)、父・小渕恵三の首相就任後、TBSを退社し恵三の私設秘書を務める。
2000年(平成12年)4月3日に、父・小渕恵三は脳梗塞により緊急入院、翌5月に逝去。
同年6月の第42回衆議院議員総選挙に群馬5区から自由民主党公認で出馬し、16万票超を獲得して、若干26歳で初当選した(当選同期に竹下亘・梶山弘志・後藤田正純らがいる)。

関連書籍

おぶち-ゆうこ 1973-平成時代の政治家。昭和48年12月11日生まれ。東京放送(TBS)勤務後,父・小渕恵三首相の秘書となる。平成12年父の急死をうけて衆議院選に出馬し初当選(当選6回,自民党)。文部科学大臣政務官をつとめ,20年麻生内閣の少子化対策・男女共同参画担当相として初入閣。26年第2次安倍改造内閣で経済産業相,原子力経済被害担当・産業競争力担当,内閣府特命担当相(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に就任したが,政治資金規制法違反疑惑でひと月半後に辞任。群馬県出身。成城大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 担当
  • 内閣府
  • 特命
  • 内閣
  • 安倍
  • 修士
  • 公共
  • 共同
  • 原子力
  • 参画
  • 学位
  • 対策
  • 専門
  • 小渕恵三
  • 少子化
  • 廃炉
  • 損害
  • 支援
  • 支部
  • 早稲田大学
  • 機構
  • 産業
  • 男女
  • 経営
  • 経済
  • 総理
  • 自由民主党
  • 衆議院
  • 議員
  • 財務
  • 賠償
  • 代理
  • 改造
  • 日本
  • 本部長
  • 歴任
  • 父親
  • 現在
  • 組織
  • 群馬県
  • 運動
  • 選挙区