生年月日データベース

リック・ショートRick Short

メジャーリーガー[アメリカ]

1972年 12月6日 生 (満46歳)

リック・ショート(Richard Ryan "Rick" Short , 1972年12月6日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
日本では千葉ロッテマリーンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍した経験を持つ。
アメリカ球界時代(第1次) 1994年のMLBドラフトでボルチモア・オリオールズから33巡目指名を受け、プロ生活をスタートする。
その後、順調にマイナーの階段を上っていき、特に2000年はオリオールズ傘下3Aで打率.331、2002年はアナハイム・エンゼルス傘下3Aで.356の好成績を残し、その他の年も高打率をマークしていたものの、メジャー昇格には届かなかった。
ロッテ時代 2003年に千葉ロッテマリーンズに入団。
同年は主に三塁や左翼を守り、127試合に出場し打率.303の好成績をマークしたが、球団の方針で1年で自由契約となった。
同年は登録上の名前は「ショート」だったが、アナウンス時にポジションと名前である「ショート」を同時に言うのは紛らわしかったため、開幕からホームゲーム、ビジターゲームの全試合でフルネームである「リック・ショート」をアナウンスするようになり、マリーンズファンからも「リック・ショート」コールで呼ばれた(彼の場合フルネームでも名前が長くなかったため、「リック・ショート」コールに影響はなかった)。

Rick Short プロ野球選手。 右投右打、ポジションは内野手。背番号は44→55番。 1972年12月6日生まれ。米国イリノイ州出身。 ウエスタンイリノイ大学から1994年、ボルチモア・オリオールズに入団。 以後、マイナーリーグの5球団を渡り歩く。 2002年まで、マイナーリーグ通算1256安打、MLBでは1打数1安打、打率1.00の記録を残す。 2003年、千葉ロッテマリーンズに入団。ホセ・フェルナンデスとともに、マリーンズの主力選手として活躍。 同年、退団。 2004年、パシフィックコーストリーグ・エドモントンに移籍。 2005年、ワシントン・ナショナルズに移籍。3Aでマイナーリーグ首位打者を獲得。一時は打率4割に乗せていた。 2006年、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。フェルナンデスと再びチームメートになる。登録名はリック。 2008年、打率.332で首位打者のタイトルを獲得。 2009年、一転して不調に陥りシーズン途中に帰国。そのまま現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • アメリカ
  • 球界
  • 選手
  • イリノイ州
  • タイトル
  • プロ野球
  • ロッテ
  • 内野手
  • 合衆国
  • 外野手
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 楽天
  • 登場
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • ショート
  • ライアン
  • リチャード
  • 出身
  • 右打
  • 右投