生年月日データベース

北条高時ほうじょうたかとき

武将、鎌倉幕府第14代執権[日本]

(嘉元元年12月2日生)

(ユリウス暦) 1304年 1月9日

北条高時 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

ほうじょうたかとき [生]嘉元1(1303).鎌倉[没]元弘3=正慶2(1333).5.22.鎌倉鎌倉幕府の14代執権(在職1316~26)。相模守貞時の子。母は大宝(だいほう)泰宗の娘。幼名は成寿。法名は崇鑑。日輪寺殿と称する。正和5(1316)年7月執権に就任したが,実権は岳父安達時顕,内管領長崎円喜,高資父子が握っていたため,闘犬,田楽,飲酒などにふけり幕政は乱れた。一方,両統迭立による持明院統と大覚寺統の対立抗争も激化しており,大覚寺統の後醍醐天皇を中心に倒幕計画がなされ,元亨4(24)年正中の変が起った。高時は正中3(26)年3月病気を理由に執権職を金沢貞顕に譲り出家。元弘1=元徳3(31)年再び倒幕を意図した元弘の乱が起ると,後醍醐天皇を隠岐に流し,倒幕勢力の一掃をはかった。元弘3=正慶2(33)年5月新田義貞が挙兵して鎌倉に攻め入ると,高時は逃れて東勝寺に入って自殺し,鎌倉幕府は滅びた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 執権
  • 出典
  • 生涯
  • 関連
  • 一門
  • 三男
  • 作品
  • 偏諱
  • 元服
  • 北条氏
  • 北条貞時
  • 史料
  • 家督
  • 就任
  • 崇大
  • 最期
  • 権現
  • 注釈
  • 相続
  • 誕生
  • 退任
  • 在職