生年月日データベース

北条貞時ほうじょうさだとき

武将、鎌倉幕府第9代執権[日本]

(文永8年12月12日生)

(ユリウス暦) 1272年 1月14日

北条貞時 - ウィキペディアより引用

ほうじょうさだとき [生]文永8(1271).鎌倉[没]応長1(1311).10.26.鎌倉鎌倉幕府の9代執権(在職1284~1301)。相模守。時宗の子。母は安達泰盛の娘。幼名は幸寿。法名は崇演。号は最勝園寺殿。弘安7(1284)年7月執権に就任。得宗専制政治の確立を意図して,内管領平頼綱と対立していた外祖父泰盛を排除して安達氏一族を滅ぼし,さらに得宗被官として勢力を伸張していた頼綱をも誅伐した。正安3(1301)年執権職を北条師時に譲り出家。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 執権
  • 一門
  • 作品
  • 偏諱
  • 元服
  • 北条時宗
  • 北条氏
  • 嘉元
  • 嫡男
  • 安達義景
  • 家督
  • 強化
  • 御家人
  • 晩年
  • 最期
  • 独裁
  • 生涯
  • 登場
  • 相続
  • 禅門
  • 覚山尼
  • 誕生
  • 退任
  • 逸話
  • 関連
  • 霜月
  • 騒動
  • 在職
  • 堀内
  • 幕府
  • 弘安
  • 正安