生年月日データベース

阿井渉介あいしょうすけ

脚本家作家[日本(中国)]

1941年 12月2日 生 (満77歳)

阿井 渉介(あい しょうすけ、1941年12月2日 - )は、日本の小説家。
本名、阿井文瓶(あい ぶんぺい)。
人物・来歴 1941年、中国の北京市に生まれる。
1953年に静岡県焼津市に移り住む。
早稲田大学文学部卒業後、家業の家具店を手伝っていたが、1972年、商売に嫌気がさし上京。
大学時代に親しくなっていた脚本家の石堂淑朗に弟子入りした。
石堂の勧めで『ウルトラマンA』のフォース助監督を務める傍ら、脚本家としての基礎を学ぶ。
1973年、本名の阿井文瓶名義で『ウルトラマンタロウ』第26話の脚本を執筆しデビュー。
以後『ウルトラマンレオ』のほか、一般ドラマの脚本を執筆。
1980年、阿井渉太郎名義の『第八東龍丸』で第35回小説現代新人賞を受賞、以後小説家生活に入る。
主に推理小説を手がけるほか、海洋冒険小説も発表。
主な作品に『視聴率の身代金』『列車消失』『逆鱗の島に還れ』『荒南風』『魂丸』『大断層の東』『大江戸ひっくり返史』など多数。
『うなぎ丸の航海』は世界初のうなぎ産卵場発見記。
『捏像 はいてなかった赤い靴 定説はこうして作られた』は、童謡「赤い靴」の少女にはモデルがあったとされる従来の定説が、テレビ番組の捏造による、全く根拠のない虚説であることを検証、告発したノンフィクション。

関連書籍

1941年北京生まれ。早稲田大学文学部卒業。作家、脚本家。 シナリオライターとして本名の阿井文瓶?名義で「特捜最前線」など約500本のシナリオを手掛ける。 1980年小説現代新人賞を受賞、以後小説に専念。 (引用元 Hatena Keyword)

「阿井渉介」と関連する人物