生年月日データベース

石毛直道いしげなおみち

文化人類学者[日本]

1937年 11月30日 生 (満81歳)

石毛 直道(いしげ なおみち、1937年11月30日 - )は、日本の文化人類学者・民族学者。
国立民族学博物館名誉教授・元館長、総合研究大学院大学名誉教授。
農学博士(東京農業大学、1986年)。
日本コナモン協会筆頭理事。
千葉県出身。
タンザニア、リビア、トンガ王国、西イリアン、ハルマヘラ島、東アジア、東南アジアなどで調査・研究に従事。
専攻は民族学、食文化論。
小松左京とは長年の友人でプライベートでも親交深かった。
自ら「胃袋の上に頭が乗っかっているような人間」と語るほどの食いしん坊であり、左京がつけた雅号が「大食軒酩酊(たいしょくけんめいてい)である。
1963年 京都大学文学部史学科卒業 1965年 京都大学大学院文学研究科考古学専攻修士課程中退 1965年 京都大学人文科学研究所助手 1968年 京都大学サハラ学術探検隊に参加。
 リビアでのフィールドワークの後、商人のキャラバントラックに便乗しセブハからフォール・ラミー(チャド)までリビア砂漠縦断に成功。

関連書籍

いしげ-なおみち 1937-昭和後期-平成時代の文化人類学者。昭和12年11月30日生まれ。考古学から人類学に転じる。甲南大助教授をへて,昭和61年国立民族学博物館教授となり,平成9年同館長。昭和47年「住居空間の人類学」で渋沢賞。世界の食べ物と料理法を研究し比較食文化学を提唱。千葉県出身。京大卒。著作に「食卓の文化誌」「食いしん坊の民族学」「食卓文明論」など。 (引用元 コトバンク)