生年月日データベース

柿澤弘治かきざわこうじ

政治家[日本]

1933年 11月26日 生 (満85歳)

柿澤 弘治(かきざわ こうじ、1933年11月26日 - 2009年1月27日)は、日本の政治家、大蔵官僚。
位階は従三位、勲章は旭日大綬章。
衆議院議員(7期)、参議院議員(1期)、外務大臣(第121代)、自由党代表、自由連合代表を歴任した。
東京府東京市日本橋区小伝馬町(現東京都中央区日本橋小伝馬町)に柿澤常次郎の子として生まれる。
生家は江戸時代創業の葛籠屋「柿澤常次郎商店」。
東京都立両国高等学校、東京大学経済学部卒業。
1958年、大蔵省(現財務省)に入省。
同期入省は大野功統(元防衛庁長官)、尾崎護(元大蔵事務次官)、角谷正彦(元国税庁長官)ら。
本省勤務の他、外務省や経済企画庁への出向やフランス、ベルギーでの海外勤務を経験し、ベルギーに赴任中には長男の未途が誕生した。
帰国後の1974年より、三木内閣で井出一太郎内閣官房長官の秘書官を務める。
1977年の第10回参議院議員通常選挙に新自由クラブ公認で東京都選挙区から出馬し、初当選した。
1980年、参院議員を任期途中で辞職。
第36回衆議院議員総選挙に旧東京6区(定数4)から新自由クラブ公認で出馬し、当選した(当選同期に古賀誠・平沼赳夫・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦らがいる)。