生年月日データベース

中川裕貴なかがわひろき

プロ野球選手[日本]

1985年 4月26日 生 (満34歳)

中川裕貴 - ウィキペディアより引用

中川 裕貴(なかがわ ひろき、1985年4月26日 - )は、滋賀県蒲生郡竜王町出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。
来歴・人物 プロ入り前 中京高校では、1番城所龍磨の後を打つ4番打者として甲子園に2度出場。
高校通算28本塁打。
2003年のドラフト会議で中日ドラゴンズから1巡目指名を受け入団。
プロ入り後 2004年、2005年シーズンは一軍出場はなく、2006年のシーズン最終戦で一軍初出場。
2007年、春のキャンプで右肩を痛めて以降、リハビリを続けるも再発し、オフに右肩を手術。
2008年8月、二軍戦復帰を果たした。
2009年、落合博満監督の指示により内野手から外野手に転向。
同年6月、3年ぶりに1軍に昇格し、6年目でプロ初安打を記録。
7月11日の対広島戦(ナゴヤドーム)にて7番・右翼手で初のスタメン出場。
オフに背番号を森野将彦が着けていた31に変更。
2010年6月5日の対ロッテ戦(ナゴヤドーム)にて吉見祐治からプロ初本塁打となる2ランを放つ。

映像作品

関連書籍

音楽作品

プロ野球選手(内野手→外野手)。 1985年4月26日生まれ、滋賀県竜王町出身。右投右打。 2009年シーズンから登録を外野手に変更。2010年6月のロッテ戦でプロ初本塁打。 (引用元 Hatena Keyword)