生年月日データベース

織田作之助おださくのすけ

作家[日本]

1913年 10月26日

1947年 1月10日 死去結核享年35歳
織田作之助 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

音楽作品

おださくのすけ [生]1913.10.26.大阪[没]1947.1.10.東京小説家。第三高等学校に5年在学して退学(1936)。『雨』(38)で武田麟太郎に認められ,結婚(39)後,『夫婦善哉(めおとぜんざい)』(40)で作家としての地位を確立,『勧善懲悪』(42)ほかの力作を続々発表したが,長編『青春の逆説』(41)が反軍国主義作品として発禁処分を受けた。1946年,『六白金星』『アド・バルーン』『世相』『競馬』など敗戦直後の混乱の世相を描いた短編を発表,また私小説の伝統に決別宣言をした評論『可能性の文学』を執筆,その実験的作品と目された長編『土曜夫人』を8月より『読売新聞』に連載したが,年末に喀血し,翌年死去した。一切の思想や体系への不信,旧伝統への反逆を目指し,固有の感覚や直観に裏づけられたスタンダール風のテンポの早い作風であった。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 作品
  • 関連
  • 無頼
  • エピソード
  • 作風
  • 俳優
  • 坂口安吾
  • 太宰治
  • 小説
  • 小説家
  • 戯曲
  • 日本
  • 石川淳
  • 評論
  • 近年
  • 南区
  • 大正
  • 大阪市
  • 愛称
  • 戯作
  • 生玉
  • 田作
  • 終戦