生年月日データベース

芹沢長介せりざわちょうすけ

考古学者[日本]

1919年 10月21日 生 (満99歳)

関連書籍

DMMメディア

  • 芹沢長介先生追悼 考古・民族・歴史学論叢
  • 芹沢 介の文字絵・讃

せりざわ-ちょうすけ 1919-2006昭和後期-平成時代の考古学者。大正8年10月21日生まれ。人間国宝の染色家芹沢銈介(けいすけ)の長男。昭和38年東北大助教授,46年教授。のち東北福祉大教授。39年大分県早水台(そうずだい),40年栃木県星野遺跡など旧石器時代から縄文時代にかけてのおおくの遺跡発掘にたずさわった。平成18年3月16日死去。86歳。静岡県出身。明大卒。著作に「石器時代の日本」「日本旧石器時代」など。 (引用元 コトバンク)

「芹沢長介」と関連する人物

連想語句
  • 旧石器時代
  • 日本
  • 文化
  • 前期
  • 後期
  • 東北大学
  • 調査
  • 遺跡
  • 分野
  • 名誉教授
  • 専門
  • 晩期
  • 東北福祉大学
  • 概要
  • 注釈
  • 発掘
  • 発見
  • 確信
  • 縄文
  • 縄文時代
  • 著書
  • 農耕
  • これ
  • そうず
  • だい
  • わが国
  • アジア
  • スケール
  • リード
  • 一生
  • 人類
  • 全体
  • 列島
  • 助教授
  • 地域
  • 大分県
  • 学会
  • 居住
  • 岩宿
  • 戦前
  • 早水
  • 星野
  • 栃木県
  • 極東
  • 疑問視
  • 着任
  • 研究所
  • 移行
  • 第一人者
  • 群馬県
  • 解明
  • 証拠
  • 関連性